FC2ブログ
Surprise XXXII ( 俊 & 蘭世 & 鈴世 )
※時期としては俊が生まれ変わって
戻って行って
12歳になった時を考えています

服装などから
勝手ながら私がこの時期は夏だと判断しました

私の勝手な判断に基づくので
原作者様等の思いとはかけ離れている可能性がありますが
その部分をご理解いただける方のみ
以下をお読みいただければと思います






「あっ、きったね
ねたふりしてたな!」

「ち、ちがう
今気づいたばっかり!」

「どっちでもいいから降りろ」

アイツの言いっぷりを聞いていたら
まあ元気になったんだろうと
そぉ~っと降ろそうとしたら



私を真壁君が抱き上げてくれていた

いわゆるお姫様抱っこ(!?)

嬉しいって思っていたら
真壁君がもう降りろって

え~って思っていたら



「お兄ちゃん!

またお姉ちゃんが倒れても困るし

そのまま連れて行ってよ」

「はぁ~???」

「いいじゃん!

お姉ちゃんの誕生日プレゼントってことで!」

「!!!」

「えっ、まさか忘れてた???」

「ハハハ」

「お前らしぃ~」

「ブ~」

「そんなにふくれんなって

もう仕方ねぇから
あの扉まではこのまま連れてってやるよ」

「え~」

「嫌なら降ろすぞ」

「いえいえ、お願いします」

最高の誕生日プレゼントだよ

真壁君も無事だし

一緒に生活できるし

こんなに幸せで
ばちが当たらないよね

いつまでもこの幸せが続きますように






作者談

これで話は終わりです

勝手に夏だよなぁって思って

となると蘭世の誕生日

よっしゃ蘭世の誕生日に完全にハッピーエンドってことで!
と思いついたのはよかったけれど
書き始めたら誕生日当日に終わらないこと発覚
(当初はもうちょっと短い話だった)

もうどうせ終わらないならばと
この話もこの話もって欲張ったら
益々終わりそうにない・・・

で、今になりました

いつもながら長文におつかいいただき、ありがとうございます



スポンサーサイト



[2017/08/10 00:00] | ときめきトゥナイト (第1部) | コメント(4)
<<Our Ancestors Ⅰ ( 愛良 ) | ホーム | Surprise XXXI ( 俊 & 蘭世 )>>
コメントの投稿
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2017/08/10 18:05] | # [ 編集 ]
いつもいつもありがとうごじます

りんご様のお話も毎日楽しみにしているんですよ

きちんとオリジナルキャラクターも話に
重要な役割を果たしていて
凄いと思います

私なんてとりあえずオリジナルキャラクターを出したはいいが
やっぱり蘭世とかを主に話を書いていたら
途中で
「そう言えばあのキャラクターの名前って何だったっけ?」
と慌てて遡ることも多々

ダメですねぇ

今日はアップを休みましたが
またボチボチ始めます

よろしくお願いいたします
[2017/08/11 20:02] URL | poohfrozen #- [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2017/08/14 04:14] | # [ 編集 ]
オリジナルキャラクターはね

本当は私が演じたいんですよ

男の人のキャラクターは
私の理想の男性像とか

でもそれをしちゃうと
名前こそ違えど
同じようなキャラクターばかり
出てきそうで・・・

個人的にはオリジナルキャラクターは
一つのシリーズにだけ出てきて
次のシリーズには出てこないって程度の方が
いい気がしていて

というのもきちんとしたキャラクター設定が無いので
色々な話に出してしまうと
途中でキャラがコロコロと変わってしまうので
おかしくなっちゃうんですね

難しいです

お互い頑張りましょう
[2017/08/15 20:38] URL | poohfrozen #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

いつまでも永遠に


プロフィール

poohfrozen

Author:poohfrozen
まず初めに二次小説のそれぞれの原作の出版社様、原作者様とは一切関係ございません。

私が個人的に読んでいる漫画の二次小説を少しずつ披露できればと思っています。
(恋愛ものがほとんどです。原作が恋愛ものでなくても恋愛部分のみをピックアップした二次小説になると思います。)

非常に下手だと思いますが、お付き合い頂ければ幸いです。

実親が非常に厳しく、漫画を触らせてくれなかったため
少し漫画に触れたのが高校生、
漫画にまともに初めて向き合えたのが
大学で一人暮らしを始めてからなので
同世代の人たちと比べるとずいぶんと遅れ気味な感じです。

原作を私なりに読んでの私なりのイメージを壊さないような二次小説を書いていく予定です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR