FC2ブログ
After My Graduation XXXII ( 蘭世 & 鈴世 )
※ストーリーを左右するような重要な役割は無いですが
オリジナルキャラクターが複数人出てきます

それでも問題ないと言う人だけ
以下をお読みください






「その服、蘭世のお気に入りじゃない

お相手さんも気にされているし
お茶の一つくらい減らないわよ

それともだ・ん・なに怒られる?」

「ゆ・裕子!」

「あらっ、僕よりお若いのかと思っていましたが
ご結婚されているんですか?」

ってしてないの、知っているけれど・・・

「いえいえ

結婚なんて!」

「したようなものじゃない」

「裕子ったら

真壁君に怒られる・・・」

「???

複雑そうな関係ですね

まあご結婚されていても
お茶くらいならば大丈夫でしょ?

ましてやご結婚されていないならば
お茶を奢らせてよ、ね?」

ちょっと強引かもと思いつつ
焦っているお姉ちゃんが面白いし
ちょっとは二人の関係が前に行くようにと
僕はお姉ちゃんの腕を取った

「ほらっ」






作者談

話は続きます。


スポンサーサイト



[2017/06/28 10:00] | ときめきトゥナイト (第1部と第2部の間) | コメント(0)
<<After My Graduation XXXIII ( 蘭世 ) | ホーム | After My Graduation XXXI ( 蘭世 & 鈴世 )>>
コメントの投稿
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

いつまでも永遠に


プロフィール

poohfrozen

Author:poohfrozen
まず初めに二次小説のそれぞれの原作の出版社様、原作者様とは一切関係ございません。

私が個人的に読んでいる漫画の二次小説を少しずつ披露できればと思っています。
(恋愛ものがほとんどです。原作が恋愛ものでなくても恋愛部分のみをピックアップした二次小説になると思います。)

非常に下手だと思いますが、お付き合い頂ければ幸いです。

実親が非常に厳しく、漫画を触らせてくれなかったため
少し漫画に触れたのが高校生、
漫画にまともに初めて向き合えたのが
大学で一人暮らしを始めてからなので
同世代の人たちと比べるとずいぶんと遅れ気味な感じです。

原作を私なりに読んでの私なりのイメージを壊さないような二次小説を書いていく予定です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR