FC2ブログ
After My Graduation XXV ( 俊 )
※ストーリーを左右するような重要な役割は無いですが
オリジナルキャラクターが複数人出てきます

それでも問題ないと言う人だけ
以下をお読みください





「はぁ~」

昨日の晩は結局カップ麺で夕飯を済ませた

プロボクサー、いや世界チャンピオンになるっていう奴が
食うような食事ではないんだろうが
結局空腹に負けた

空腹とアイツへの謝罪
これを天秤にかけて
空腹の方を取っちまったんだな

何かもう少しアイツがいなくても
まともな食事にありつけるようにはなっておかないとな

もしかしたら俺がアイツに食事を作る時も
あるかもしれないからな

色々と頭をめぐらしていたら
眠るのも遅かったらしく
目が覚めたら学校へ出なければならない時間だった

朝食用のパンを口にくわえたまま
俺は学校へと走った




「はぁ~」

学校には間に合ったが
学校に着いてから何度ため息を吐いた事か・・・

アイツとはクラスが違うが
何かと今まではアイツは俺のクラスに顔を出していた

このクラスの連中も
アイツの顔を見れば
即俺に用事があると判断するくらいには

だが今日はアイツはこの教室に来ない

一応アイツの気配を辿ってみたが
学校にはいた

特段体調が悪いようにも感じなかった

忙しいのかとも思ったが・・・

お昼のお弁当も無かった

で、俺は一人今屋上にいるわけだ





作者談

話は続きます
スポンサーサイト



[2017/06/21 10:00] | ときめきトゥナイト (第1部と第2部の間) | コメント(0)
<<After My Graduation XXVI ( 俊 ) | ホーム | After My Graduation XXIV ( 俊 )>>
コメントの投稿
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

いつまでも永遠に


プロフィール

poohfrozen

Author:poohfrozen
まず初めに二次小説のそれぞれの原作の出版社様、原作者様とは一切関係ございません。

私が個人的に読んでいる漫画の二次小説を少しずつ披露できればと思っています。
(恋愛ものがほとんどです。原作が恋愛ものでなくても恋愛部分のみをピックアップした二次小説になると思います。)

非常に下手だと思いますが、お付き合い頂ければ幸いです。

実親が非常に厳しく、漫画を触らせてくれなかったため
少し漫画に触れたのが高校生、
漫画にまともに初めて向き合えたのが
大学で一人暮らしを始めてからなので
同世代の人たちと比べるとずいぶんと遅れ気味な感じです。

原作を私なりに読んでの私なりのイメージを壊さないような二次小説を書いていく予定です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR