FC2ブログ
The Only Present Which Only You Can Give Me Ⅱ ( 蘭世 )
人間界から魔界に突然来ることになって
はや数ヶ月。

原因が私の弟にあるというのに
彼はボクシングのチャンピオンと言う努力で手に入れた称号も
投げ捨てることになったと言うのに
一切愚痴を言わない・・・

私に対してはもちろん私の家族に対しても
一切怒ることも無い…

おそらくアロンなどにも愚痴を言っていないのだろう。

あんなに嫌がっていた王家の人間としての正装も
場合によっては着用しているようだ。

でも、たまに見る、疲れた顔、
それも肉体的にではなく精神的に疲れたような顔を見て
やっぱりさびしい気がしていた。

あっ!!!

そう言えばもうすぐ2月14日!!!

と言うことはバレンタインデーだ!!!

やっぱりここはチョコレートだよね?

うん???

魔界ってチョコレートなんてあるの???

いやいや季節感もイベント感も一切ないような魔界に
バレンタインデーだからチョコレートがたくさん手に入るなんてことは一切無いよね?

ここはアロンに頼もうっと


「アロン、少しいい?」

「蘭世ちゃん、すっかりお腹が大きくなって。

順調だってメヴィウスから聞いてるよ。

もうそろそろだね?

で、用事は何かな?」

「アロンに無理を頼むんだけど・・・」

「蘭世ちゃんの頼みなら何でもいいよ」

「チョコレートを手に入れてほしいの・・・」

「???何?一種のつわり?」

「じゃなくて、もうすぐバレンタインデーだから。

バレンタインデーは女性が好きな男性にチョコレートをあげる日だから・・・」

「あっ、そういうこと。わかった。何とかするよ。

でもできたらフィラも誘ってほしい・・・」

「わかってる、フィラさんもだけどココ姫ちゃんも誘ってあげるわ。」

「ココはまだ・・・」

「いや、人間界ではお父さんにもあげたりするのよ。」

「じゃあ頼もうかな。どんなチョコレートがいいか教えてね。」


数日後無事にチョコレートが手に入ったと連絡が入り、
フィラさんとココ姫ちゃんには2月14日の朝にこちらに来てと
理由とともに誘ったら二つ返事でOKが出た・・・





作者談

同じく新婚1年目の蘭世です。

当日の話は明日アップする予定です。
(なんか、オチがすでにバレていそうですが・・・気長にお待ちください。)
スポンサーサイト



[2015/02/13 21:26] | ときめきトゥナイト (第2部) | コメント(0)
<<The Only Present Which Only You Can Give Me Ⅲ ( 俊 & 蘭世 ) | ホーム | The Only Present Which Only You Can Give Me ( 俊 )>>
コメントの投稿
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

いつまでも永遠に


プロフィール

poohfrozen

Author:poohfrozen
まず初めに二次小説のそれぞれの原作の出版社様、原作者様とは一切関係ございません。

私が個人的に読んでいる漫画の二次小説を少しずつ披露できればと思っています。
(恋愛ものがほとんどです。原作が恋愛ものでなくても恋愛部分のみをピックアップした二次小説になると思います。)

非常に下手だと思いますが、お付き合い頂ければ幸いです。

実親が非常に厳しく、漫画を触らせてくれなかったため
少し漫画に触れたのが高校生、
漫画にまともに初めて向き合えたのが
大学で一人暮らしを始めてからなので
同世代の人たちと比べるとずいぶんと遅れ気味な感じです。

原作を私なりに読んでの私なりのイメージを壊さないような二次小説を書いていく予定です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR