FC2ブログ
De Ja Vu !? Part 2 XXVIII ( 蘭世 & 愛良 )
※時代設定は「星のゆくえ」以降「いつもときめいて」以前となります

原作者様が触れられていない期間ですので
あくまでも私の想像で書いていますので
原作者様等の思いと違う部分もあると思います

以上をご了承いただける方のみ
以下をお進みください





「だって開陸ったら挨拶していないだの
大学生だからだの
そんなことしか言わないんだもん」

「プッ」

「なによ~」

「親子って男性の好みまで似ちゃうのかな?」

「え~

私、お父さんみたいな無口な人、嫌だ」

「あらぁ?

開陸君だって
おしゃべりじゃないと思うけど?」

「お父さんよりはしゃべるもん」

「でも似てるわよ

ちゃんと挨拶してからじゃないと
外泊をさせないようなところとかね」

「えっ?」

「お父さんも似たような感じだったわ

お母さんもストレートには言わなかったから
余計なのかもしれないけどね」

「ふぅ~ん、聞きたい!」

「お父さんが一人暮らしをしていたのは知っているよね?」

「うん!」

「高校生から一人暮らししていたのよ

ま、すったもんだがあって
何とか私の気持ちをわかってくれた時から
私はご飯を持って行ったり
アパートで作ったりって
色々してたんだけど・・・」

「うんうん」

「絶対に家へ帰らせるのね

送ってはくれるんだけど・・・

ジムとバイトの間とかだから
もうちょっとゆっくり話したいとか思うんだけど
絶対に家に帰らせられちゃうの」

「うんうんうん」

「で、・・・」





作者談

話は続きます。

※アップの時間が大幅に遅れ、申し訳ございません

スポンサーサイト



[2017/11/01 17:00] | ときめきトゥナイト (第3部以降) | コメント(2)
いつまでも永遠に


プロフィール

poohfrozen

Author:poohfrozen
まず初めに二次小説のそれぞれの原作の出版社様、原作者様とは一切関係ございません。

私が個人的に読んでいる漫画の二次小説を少しずつ披露できればと思っています。
(恋愛ものがほとんどです。原作が恋愛ものでなくても恋愛部分のみをピックアップした二次小説になると思います。)

非常に下手だと思いますが、お付き合い頂ければ幸いです。

実親が非常に厳しく、漫画を触らせてくれなかったため
少し漫画に触れたのが高校生、
漫画にまともに初めて向き合えたのが
大学で一人暮らしを始めてからなので
同世代の人たちと比べるとずいぶんと遅れ気味な感じです。

原作を私なりに読んでの私なりのイメージを壊さないような二次小説を書いていく予定です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR