FC2ブログ
The Identity ( 流水 & 流風 )
私たちは一卵性双生児として産まれた。

友達とかがよくどっちがどっちかを間違えるくらい
私たちはよく似ているみたい。

そして私たちはたまに二人で一人だと思うことがある。

相手に何かあった時は
誰よりも自分がわかったし・・・

相手が感じること、考えること、
全てが自分が感じ、考えたかのように
手に取るようにわかっていた。

それぞれ別々の人間だと言うことを
疑問に思うことも多かった。

けれどそれぞれが一人の人間として
扱ってほしいと思ったこともあった。

ただそれがこんな状況で起こるとは思っていなかったけれど!!!






作者談

私の下の子どもの同級生にも
何組か双子がいて
そのうち何組かは一卵性双生児です。

近所にもいますが、
いまだにどちらがどちらか恥ずかしながら私にはわかりません。

もちろんそれぞれに個性があって
一人一人なんですけどね。

ちょっとご本人たちはどう感じているんだろうって思って。

スポンサーサイト



[2015/03/27 11:19] | 海の闇 月の影 (原作より前の時期) | コメント(0)
The Difference ( 今日子 )
私は今年大学生になった。

高校時代から2つ下の克之が好きで好きで
私から交際を申し込み、
現在お付き合いしている。

ただ最近倦怠期なのかなんなのか
克之の態度が変わってきた・・・

それでも私は気づかないふりをしていたんだけどとうとう・・・

「今日子、俺、好きな子ができたんだ。別れてほしい・・・」
と克之から別れを切り出された

「嫌よ!!!私は克之のことが好きなのよ!!!」
とすがったんだけど
「俺は今日子のことよりもその子のことが愛おしい」
と返されてしまった・・・

「その子の名前は?」
と聞いたら
「小早川流風」

「付き合ってんの?」

「いや、今日子と別れていないのにそんな状態で付き合ってほしいとは言えないよ」

「そう、わかったわ。うまくいくのを願ってるわ」

と年上と言うプライドもあって、気持ちを押し殺して引き下がるしかなかった・・・

最近、よくその子の名前が出てくるとは思っていたんだけど
単にかわいい後輩と思っていると思ったのは
私の目も節穴だったのかな・・・

ただ、私は克之が今でも好きだけれど
克之のその子に対する思いは種類が違う!!!
って感じたわ。

私にもそんな人現れるかしら???





作者談

今日子は私の好きなキャラクターの一人です。

大人な対応ができる女性って感じで。

ちなみに現在の私の方が随分年上ですが、
私にはそんな対応できません!!!

[2015/01/09 14:15] | 海の闇 月の影 (原作より前の時期) | コメント(0)
Sharing ( 流水 & 流風 )
私たちは一卵性の双子

そっくりだとよく言われる。

陸上部の先輩や友人、クラスの友達にも
どっちがどっちかわからないなんて
日常茶飯事のように
あいさつ代わりのように言われてる・・・

仲もとってもいいから
今までは何でも分け合ったりしてきた・・・

服もお互いに貸しあいっこをしていたから
2倍持っているようなものだったし・・・

お菓子もどちらにするか迷った時には
それぞれを買って半分こにしてきた。

それが
まさか相手と同じ人を好きになるなんて・・・




作者談

時期としては原作の始まる少し前です。

お互いが当麻先輩を好きになっていることに気付いたころと言うことで・・・

友人同士でも同じ人を好きになちゃうと
いたたまれないですよね?
(経験有。ちなみに最終的に私は流水の立場と同じになりました・・・)

私と姉は年が離れているため同じ人を好きになった経験はありませんが、
兄弟姉妹で同じ人を好きになると
どんな感じになっちゃうんだろう???


追記:流水の漢字を間違っていたので訂正しました。
[2015/01/05 13:17] | 海の闇 月の影 (原作より前の時期) | コメント(0)
いつまでも永遠に


プロフィール

poohfrozen

Author:poohfrozen
まず初めに二次小説のそれぞれの原作の出版社様、原作者様とは一切関係ございません。

私が個人的に読んでいる漫画の二次小説を少しずつ披露できればと思っています。
(恋愛ものがほとんどです。原作が恋愛ものでなくても恋愛部分のみをピックアップした二次小説になると思います。)

非常に下手だと思いますが、お付き合い頂ければ幸いです。

実親が非常に厳しく、漫画を触らせてくれなかったため
少し漫画に触れたのが高校生、
漫画にまともに初めて向き合えたのが
大学で一人暮らしを始めてからなので
同世代の人たちと比べるとずいぶんと遅れ気味な感じです。

原作を私なりに読んでの私なりのイメージを壊さないような二次小説を書いていく予定です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR