FC2ブログ
De Ja Vu !? Part 2 XXVIII ( 蘭世 & 愛良 )
※時代設定は「星のゆくえ」以降「いつもときめいて」以前となります

原作者様が触れられていない期間ですので
あくまでも私の想像で書いていますので
原作者様等の思いと違う部分もあると思います

以上をご了承いただける方のみ
以下をお進みください





「だって開陸ったら挨拶していないだの
大学生だからだの
そんなことしか言わないんだもん」

「プッ」

「なによ~」

「親子って男性の好みまで似ちゃうのかな?」

「え~

私、お父さんみたいな無口な人、嫌だ」

「あらぁ?

開陸君だって
おしゃべりじゃないと思うけど?」

「お父さんよりはしゃべるもん」

「でも似てるわよ

ちゃんと挨拶してからじゃないと
外泊をさせないようなところとかね」

「えっ?」

「お父さんも似たような感じだったわ

お母さんもストレートには言わなかったから
余計なのかもしれないけどね」

「ふぅ~ん、聞きたい!」

「お父さんが一人暮らしをしていたのは知っているよね?」

「うん!」

「高校生から一人暮らししていたのよ

ま、すったもんだがあって
何とか私の気持ちをわかってくれた時から
私はご飯を持って行ったり
アパートで作ったりって
色々してたんだけど・・・」

「うんうん」

「絶対に家へ帰らせるのね

送ってはくれるんだけど・・・

ジムとバイトの間とかだから
もうちょっとゆっくり話したいとか思うんだけど
絶対に家に帰らせられちゃうの」

「うんうんうん」

「で、・・・」





作者談

話は続きます。

※アップの時間が大幅に遅れ、申し訳ございません

スポンサーサイト



[2017/11/01 17:00] | ときめきトゥナイト (第3部以降) | コメント(2)
De Ja Vu !? Part 2 XXVII ( 蘭世 & 愛良 )
※時代設定は「星のゆくえ」以降「いつもときめいて」以前となります

原作者様が触れられていない期間ですので
あくまでも私の想像で書いていますので
原作者様等の思いと違う部分もあると思います

以上をご了承いただける方のみ
以下をお進みください





「はぁ~」

「帰ってきた途端何をため息ついているのよ

幸せ、逃げるわよ?」

「もう逃げちゃったもの」

「どうしたのよ

開陸君ところに泊まるんじゃなかったの?

喧嘩でもしたの?」

「・・・」

「愛良もますます大人になったわね」

「えっ?」

「昔ならば同じ状況だったら
今頃大雨でしょ?」

「・・・」

「それがほらっ、お星さまが見えるわ」

「・・・・」

「で、どうしたの?

喧嘩?」

「喧嘩になれば良かった」

「えっ?」

「開陸は冷めていて
喧嘩にすらならない

勢いで帰って来ちゃった」

「?????」






作者談

話は続きます。

※昨日は体調不良でアップできずにすみませんでした


Happy Helloween !!! 
[2017/10/31 10:00] | ときめきトゥナイト (第3部以降) | コメント(0)
De Ja Vu !? Part 2 XXVI ( 開陸 & 俊 )
※時代設定は「星のゆくえ」以降「いつもときめいて」以前となります

原作者様が触れられていない期間ですので
あくまでも私の想像で書いていますので
原作者様等の思いと違う部分もあると思います

以上をご了承いただける方のみ
以下をお進みください





「俺はまだ大学生ですから・・・」

「俺は愛良の歳に結婚したぞ」

「プロボクサーとして生計を立てておられたから

俺は花屋のバイトです

一所懸命バイトはしていますが
結婚してどうこうというほどは
まだ稼げていません

大学を卒業・・・」

「?

卒業したらどうするんだい?」

「・・・」

「???」

「・・・・・」

「?????」

「今はまだその時ではないと思いますが
無事に卒業して俺が自信を持った時には

その時には

愛良さんを迎えに来たいと思います

よろしくお願いします」

「ま、俺はずっとず~っと先でもいいと思うんだがな

愛良がそうは許さないだろ

愛良が暴走する前に
なんとかしてくれ

で、今晩はうちに泊まりなさい」

「???

いえいえ帰ります」

「こんな時間に一人で家に帰らせるのは危ない

かと言って愛良に送らせるのも
変だしな

君もそれは困るんだろ?

客間にでも布団を用意するから
そこでゆっくり寝なさい

あっ、ご希望なら
その部屋に鍵、かけとくけど?」

「いえいえ、大丈夫です

甘えさせていただきます」

「さ、ドアの向こうで
ダンボの耳で聞いている
二人を呼ぶか」

「二人???」





作者談

話は続きます。
[2017/10/29 10:00] | ときめきトゥナイト (第3部以降) | コメント(0)
De Ja Vu !? Part 2 XXV ( 愛良 & 開陸 & 俊 )
※時代設定は「星のゆくえ」以降「いつもときめいて」以前となります

原作者様が触れられていない期間ですので
あくまでも私の想像で書いていますので
原作者様等の思いと違う部分もあると思います

以上をご了承いただける方のみ
以下をお進みください





「・・・」

「・・・・・」

「ふぅ~

愛良、とりあえずお前はお母さんのところに行きなさい」

「え~」

「別に取って食いやしないさ

お前がいると色々と困るんだよ」

「はぁい」




「さて、邪魔者はとりあえず席を外したよ」

「・・・」

「愛良は今日は泊まるんだって言って出かけたんだがな」

「すみません・・・」

「別に君と喧嘩したわけじゃないんだろ?」

「いいえ、少し・・・」

「そうか」

「で、何か俺に話があるんじゃないのか?」

「・・・」

「俺の勘違いなのかな

勘違いならば・・・」

「いえ!

あの愛良さんが急に泊まると言い出した時にビックリしたんです

聞いてなかったので」

「ああ、黙っておくとは聞いてたよ

で、前もって聞いていたらどうしていたんだい?」

「たぶんOKは出していなかったです」

「なんでだ?

愛良が嫌いか?」

「いえ、そうじゃなくて・・・」






作者談

話は続きます。
[2017/10/28 10:00] | ときめきトゥナイト (第3部以降) | コメント(0)
De Ja Vu !? Part 2 XXIV ( 愛良 & 開陸 & 俊 & 蘭世 )
※時代設定は「星のゆくえ」以降「いつもときめいて」以前となります

原作者様が触れられていない期間ですので
あくまでも私の想像で書いていますので
原作者様等の思いと違う部分もあると思います

以上をご了承いただける方のみ
以下をお進みください





「ただいま~」

「おかえり????」

「夜遅くにすみません」

「???」

「お父さんは?」

「トレーニングルームだと思うけど???」

「開陸、こっち」

「お邪魔します」

「は、はあ」



コンコン

「はい」

いつも以上に機嫌が悪そうな声だった

「ただいま」

「おかえり」

「夜遅くにお邪魔します」

「ああ、どうぞ」

「・・・」

「・・・・・」

「・・・・・・・」

「開陸、何か言ってよ」

「はぁ?」

「挨拶してくれるんでしょ?」

「あのなぁ」


「用事が無いんだったら
俺、トレーニングを始めるぞ」

「あっ!」

「なんだ?」

「えっと・・・」






作者談

話は続きます。
[2017/10/27 10:00] | ときめきトゥナイト (第3部以降) | コメント(0)
いつまでも永遠に


プロフィール

poohfrozen

Author:poohfrozen
まず初めに二次小説のそれぞれの原作の出版社様、原作者様とは一切関係ございません。

私が個人的に読んでいる漫画の二次小説を少しずつ披露できればと思っています。
(恋愛ものがほとんどです。原作が恋愛ものでなくても恋愛部分のみをピックアップした二次小説になると思います。)

非常に下手だと思いますが、お付き合い頂ければ幸いです。

実親が非常に厳しく、漫画を触らせてくれなかったため
少し漫画に触れたのが高校生、
漫画にまともに初めて向き合えたのが
大学で一人暮らしを始めてからなので
同世代の人たちと比べるとずいぶんと遅れ気味な感じです。

原作を私なりに読んでの私なりのイメージを壊さないような二次小説を書いていく予定です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR